読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

嗅覚の謎

嗅覚って何なの!?

下のエントリーで料理の話をしたから書く訳じゃないんだけど、

ごく個人的な関心なのだが私は子供のころからなぜ嗅覚というのはこんなに人によって違うのだろうと疑問に思っていた。いわゆる味の感覚は嗅覚との総合でもあり、人の味覚の差異というものも不思議に思っていた。

さらに微細な嗅覚が人間の無意識的な記憶と強く連結しているとしか思えないのに、あまり語られることがないようなのはなぜなのだろうか。嗅覚をトリガーする物質はほんの僅かなのに我々の無意識は実際にはかなり強く反応しているように思える。いわゆる恋愛といった人間関係においても嗅覚は少なくない比重を持っているように思える。だがあまり体系的に語られたことはないのではないか。
内外から「ふざけんな」と言われそうだが、私も多分id:finalvent氏と同様の嗅覚に対する疑問を以前から抱いている。これほど身近であるにも関わらず、視覚、聴覚、触覚、味覚から比べると圧倒的な程複雑怪奇で、すっきりした体系的な知識も見聞きしたことがない。ぐぐる様に聞いてもたいした話は出てこないし、嗅覚異常に対する薬や療法なんてものも一般人の私はほとんど聞いたことが無い。
嗅覚疲労程度の豆知識は持っているし、それを利用した防臭や、逆手に取った一時的な鋭敏化も経験的にやっているけど、例えば味覚に影響する所で、鼻から吸った匂いだけではなく、口に入れた後に鼻にバックしてくる匂いがないと味の判定は難しいし、この2つの匂いは何故か感覚的には同一ではない。混じると変化する匂いは多いし、とにかく訳が分からない。
先の段落で、嗅覚異常を治す手段に乏しいと話たが、そのため、他の感覚もそうしてはいるが嗅覚を大事にしようと心がけている。嗅覚が鈍ってしまえば、おいしい御飯が食べられない。私の人生なんて半分は美味い物探しの様なものなので、鈍っては死活問題だ。
具体的にどうするかというと、あくまで経験談からの話になるのだが、私は丁度十代後半から二十歳の頃に嗅覚の最高潮を迎えていた。この頃、味の判別能力は高く、かなりいろんな経験が積めた。しかし、21か22の頃だったかにかなり激しい鼻炎をこじらせたのだ。花粉症ではなかったが1ヶ月程鼻詰まりで、その時は嗅覚もへったくれもなかった。そしてようやく治った時、今まで感じ取れていた匂いが部分的にバッサリ抜け落ちていたのだ。今でもものすごくその匂いだけは分かりにくい。このせいで私は現在、鶏と豚のガラダシの判定が非常に難しい。特に割合が判らない(他にもいくつか困難な物があるのだが)。細い細いヒント部分だけを辿って経験則を組み合わせてようやく「何となくそれっぽい」のが分かる程度だ。それで7割ぐらいで正解するのでそこそこの信頼性は確保してあるが、悲しい話である。
つまり、それ以降鼻炎にならない努力をしているのだ。例えば室温や体温の管理に気を付けて急激な温度ショックを与えないとか、鼻風邪をひきそうな時は全力で回復に努めるとか、悪い空気にはあまり長期間触れないとか(バイクに乗るので限界はあるが、敏感な体質でもない様なので少し気を付けるだけで十分らしい)、ホコリも気温の変化と共には多く触れない様にする等々。鼻炎とどの程度直結しているのか不明だが、炎症によって部分的に永久に失われてしまう感覚があるのだと思う。この件以降も1回こじらせた時に、やはりちょっとおかしくなった。

体臭

アルファな関係エントリーがあったのでTBショットついでに話題にするけど、「ふざけんな」と言われそうだが私もあまり体を洗わず、湯船に浸かるだけで済ます様にしている。かれこれ10年、15年…いや、もっとだな。別に大仰な意味はなく面倒臭かっただけなのだが、長い間かけてこのスタイルに落ち着いた。しかもぬるい風呂に、数時間グッタリ入っている。寝ることも珍しくない。「おぼれないの?」とよく訊かれるが、頭を湯船に向ける方向にしていなければ(角にもたれ掛かって上を向いておくとか)、まずそんな危険は無い。
垢が溜まらないとかと言われると、溜まり続けはしない。一定量のまま止まる感じになる。体臭は普通。加齢臭を感じるが、それは別に風呂のせいではない(笑)。ただ、2日入らないとやばい。必ず1日1回は何らかの形で流すのが条件だ。不可能な時は、ペーパータオルで要所だけ拭いて済ますこともある。
また、時々洗うことはある。風呂に入り損ねた日の次の日や、明らかに汚れすぎた日等は、石鹸を泡立てて手だけで洗っている。これだけでもサッパリ。また、たまにではあるがタオルで洗うこともある。これはこれで気分的にスッキリする。何かストレスがたまった時だけ等に気分的にやる。
あと、例外として顔・頭・陰部・尻・足はマメに洗っている。この時もタオルではなく手で。頭は若干薄毛傾向なので、洗わないと髪の毛が寝てしまってひどいことになる。特に気分的に長くしている時期には、まともに洗っていないとペッタンコヘアーで恥ずかしいことになる。あと余所行きでワックス付けた時は洗わないとね。使うのは石鹸。顔も、洗わないとすぐに吹き出物が出来し(もうニキビとか言う歳ではない)、角栓が形成されやすいタチなので、洗い過ぎない様に比較的マイルドな洗顔料を使い続けている。残りの3ヶ所も、洗っていないとちょっとね。


●体臭は食生活と関係があるかも
オイラに体臭がないのは、単に食生活の可能性もあります。
体質もある。腋臭なんか遺伝由来が大きいし。改善できないがあるので難題。私は、あまりしない方だからこそこんなスタンスでいられるのだ、とも思う。
また、服の影響も多分にある。タオル等のサニタリー品も関係する。これらの洗濯はもちろん乾燥が適当だと雑菌が涌いてしまい、強烈な臭いの素となってしまう。除菌よりもまず乾燥が大事。乾燥機は、それ自体に臭いのクセがついていなければ強力な防臭剤となれる。