読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

PS3X確定

OTAKU AV

今月の頭にPLAYSTATION3に後付けの地デジチューナー + 録画機能キットが出るという話がengadgetに出て、ほんまかいなと情報を待っていたら、早くも確定情報が出た。

ニュージーランドとおなじDVB-T形式を採用する地域、たとえば欧州ならばBDがみられてデジタルレコーダにもなるホームエンターテインメントマシンという売り方をしてくることは十分考えられます。

これが、その通りになってしまった。日本では、無いか…。出すなら単体機同様にBS・CSも全部まとめて繋いでしまえる様にしてほしいけど。さらにゲームのキャプチャーもOK。少なくとも著作権保護の必要が無いコンテンツなら外にも出し放題となれば…無いか。
HDDを自力交換するとHDD関係の故障が保証対象外になってイヤって人がいても(作業自体は誰でもできるレベル)、引き合いが増えればすぐにでもキワモノでない外付け品が出るか標準での容量UPが行われるだろうし。

追記(2007.8.24 10:00)

仮に日本で出たとしても、PSXのネガティブイメージとPS3のネガティブイメージとゲーム機のイメージと単体録画機のイメージの掛け算を払拭できるのかどうかは分からん。PSXは先駆過ぎて当時の状況的にスペック不足だったのと偉大なるPSがもう十分普及した後であったことによって実験商品以上の存在にはならなかったが、今の技術の状況とPS3(というよりcellを頭に置いたシステム)のスペックとなると話が違う。単体機と比較してもやれる事の量は頭一つ抜けていると言ってもいい。それはハードウェア面だけじゃなくて、ソフトウェア面でも。使い勝手やレスポンスでも、どうにでも優位に立てるだけのポテンシャルがある。
だが、それでもやはりイメージの払拭は微妙である。PS3を売りたいのか、cellによる強力な技術を売りたいのかの決断をSONYはすべきだし、それは後者でなければ総コケすると思う。cellの初心は何だったのか。ドラスティックな変化を実行させたのなら、もうそれは持った能力を小出しにしてはいけない。一撃必殺でなければ。PS3が出た時に「レコーダー機能があるのかと思った」と思っていた一般人がポツポツ居たのは、重要なメッセージだったと思う。
まあ、そうは行けなかったんだろうけどね。B-CASとか…。だから先に海外ではこれを同時発売しちゃえばよかったんだ。海外でどのぐらいの引き合いがあるのかは、こちらからは分からないから、それで伸びるかどうかは予測がつかないんだけど、日本人は今よりももっと多くの人がヨダレ垂らして見たと思う。