読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

俺をナメるなあああぁ(by シャープ)

AV

シャープは、液晶技術の粋を結集し、「画質」「薄さ」「環境性能」で従来と比べ大幅に上回る液晶テレビの試作に成功いたしました。当社は将来を見据え、未来のテレビ創出に向けて取り組んでまいります。

今回、当社が試作した液晶テレビは、長年にわたり培ってきたオンリーワン液晶技術の結集により、50型クラスで「厚み 20mm(主要ディスプレイ部)/29mm(最厚部)」「コントラスト比 10万対1」「消費電力140kWh/年」と、従来にない破格の性能と構造を実現しました。

シャープの追撃である。数値スペックだけ見るとチートの様な攻撃だが、最低でも超強力な静止画デバイスになっていることは、間違いない様だ。今のシャープは極めてガードが固いので、何をどうやってこのスペックを実現しているのかはまるで分からない。論文も知らない。ニュースサイトは、マイコミジャーナルと日経が多少踏み込んでいる以外は、ほとんどベタ。

今回発表された技術サンプルは、バックライトや偏光板など、個々の技術のブレークスルーを図った結果とのことで、何か特別なことを行っているというわけではなく、現時点での技術の一応の到達レベルを示すためのものとのことだ。

コントラスト化は、旗を立てたけどその後うやむやになったメガコントラスト液晶の技術継承かな。この薄さで冷陰極管と拡散板の組み合わせはいくら何でも考え難いので、まあ順当に考えればLEDなんだろう。しかも単純に並べたのではなく、何か変なことしてそうな気がする。LED化で色域も稼げるけど、さらに多色カラーフィルターの採用の可能性も高いかな。液晶配向はASVのままで、駆動をいじったか。まだ、放熱方法や重量バランスの取り方等、気になる点はいくらでもある。
人の物の評価の傾向は(特に感覚依存性の高い物)、仮に10段階にリニアに実測数値が変化している物があったとして、0から3ぐらいまではほとんど変化なしの最低、4から7ぐらいまでが急激なアップで、8から10は最高のままほとんど変化しなくなる傾向がある。
仮に、この新型液晶を最低の期待レベルで見積もっても8ぐらいの画質は確保しているはずなので、もう他の方式は太刀打ち出来ないかもしれないな。9や10の物を出しても徒労で、ブランドイメージが加われば、大型サイズは席巻されてしまいそうである。相手がシャープだと技術コピーも困難だろうし。
堺工場稼動させるにも、現行のままでは駄目なのでどうするのかと思っていたが、かなりでか旗を立ててきたな。
あぁ、これで、中小型商品の性能が益々寒い状況にならなきゃいいんだが…。これが格差社会……!