読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

今日もまたチンするぜ

Gourmet Tips

先日の電子レンジ話の続き。
電子レンジと言うよりもオーブントースターの話なのだが、昔(80年代にはもうこうなっていたと思うのでものすごく昔だが…)に比べてやたらめったらワット数の高いヒーターを装備しているものばかりになった。何でこんなアホみたいなパワーで焼き尽くそうとするのか不思議でしょうがない。さらに何がアホって、ハイパワーだからサーモスタットがプチプチ作動するので、物によっては中途半端な所で作動されていつまで経っても焼けないまま気付いたら表面コゲてましたとか、勘弁してほしいにも程がある。
あまりにもアホなので、開発者は製品テストしてるのかどうか疑ってすらいる。
これってオーブントースターにも、車の馬力アップやパソコンの周波数アップの様なワット数アップ競争があったのだろうか。1200Wの大火力!とか言われても困る。一般消費者はそれで買っちゃうのかもしれないけど。
どう考えても500Wぐらいで十分だと思うんだよね。300Wまで落とすとただのオーブンに近いし余熱しないと手早く調理できなくなるけど。