読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

こいつほんまに蛍光灯みたいなやっちゃなぁ

AV Tips Chitchat

本日の最も輝いていたスラドコメント

何かを思いついたときの「ピカッ」ってあの電球もなくなっちゃう。あれも何年後かには蛍光灯になっちゃうのか残念。

蛍光灯だと鈍そうだなぁ(笑)。グロースターター…も白熱灯並に分かってもらえない時代がくるか。というか鈍い人の事を実際に「蛍光灯」と呼んでたんだけど、今はもう言わなくなったよな。え、誰も知らない!?

蛍光灯で思い出す

知り合いに明るければ何でもいいみたいな人がいる。やや重い近視なので目の採光量が少ないのもあるのだろうが、やたらと光を求める様はまるでマヨラーみたいな感じだ。
天井に付けた室内蛍光灯は調光全開、さらにいつもサブのライトスタンドを自分の近くにおいていた。パラノイアに近くて感覚が狂い気味なので、時々全開になっているかどうかスイッチを切り替えて気にしている。
演色もバラバラというか、緑が強いと快感に感じる様で(つまり逆に緑の感度が落ちてるんだと思う。人間の目の感度特性で落ちたら一番気になる領域だし)、そのサブのスタンドライトが異常に緑っぽいために(あれは東芝の昼白色球だと思う)、そこで食う飯は実に不味そうな色だった…。でも何かちょっとでも見えて無いとイヤなんだって。テレビもほぼ全開輝度で、特に暗部にちょっとでも潰れがあるとイライラしてる。
もう「you 緑内障 疑っちゃえよ」と言ったあげた方がいいかなとか思ってたり。

おすすめ蛍光灯

ちょっとだけ値は張るしなかなか店頭に置いてないけど、ホタルック・ライフルックシリーズなどのNECライティング製はおすすめ。演色性に優れている物は、電球色であっても決して赤っぽさ一辺倒じゃない。地味だけどしっかり調整して作られてるよ。
好みがあるとは言っても、あからさまに変な色にばかり触れているのはお子様の情操教育上もきっとよくないぞ(笑)。