読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

肉月舟

Language

今日の脳内エステIQサプリで「脱」を「つきへん」だと言っていたが、そりゃあ「にくづき」だ…。「肉」が崩れて「月」。MOONの「月」は2本線が右にくっつかないんだけど、現代では表記上の区別はつけない(部首としての区別はつける)から、ややこしくなってる。
でも漢字のニュアンスが理解出来ていたら、「脱」は「にくづき」だってのは判るもの。というより、一般人が見ることのある漢字でMOONの月を偏として使う漢字は「朦朧」ぐらいしかない。訓読みしたらどちらも「おぼろ」なので、何となくこれがMOONなのは解るよな。あとは暦に関係する点で「期」もMOON。偏ならばほぼ「にくづき」だと思って間違いない。パッと思いつく漢字は、全て体に関係がありそうなものなのが分かるはず。
じゃあ旁として使われていたらMOONかと思ったら、これは自分も最近知ったんだけど「朝」の「月」は「舟」の省略形らしい。「舟」の省略形の場合は2本線ではなく点になる。これも現代の日本での表記上は区別しないだけ(中国では簡体でもするので判る)。

註釈

UNICODEで区別がつけられない様なので、月は全てMOONの月になってる。