読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

Internet Explorer 8β1試用(Acid3もあるでよ)

IT

まずはAcidでテスト

Acid2を通り標準準拠ブラウザとして期待の持てるIE8のβテストが始まったので、早速昨日の続きでAcid3にぶち込む。

Internet Explorer 8 β1(Windows Server 2003 SP2)


イマイチ(笑)。でもクリアした項目が少ないわりには目的とする絵にさほど遠くない物が出ているので、IE7以前の様な偏屈な解釈はしていないのだろうと推察できる。テストをクリアしてても表示に癖があるブラウザよりは、多少テストの点数が悪くてもアウトプットがまともなブラウザの方が現実的にはいいに決まっている。
Acid2も試してみたが、多少読み込み時に引っ掛かるものの、ちゃんと綺麗に表示された。速度チューニングはまだまだこれから必要っぽい。

パッと見で気付いたこと

  • IE7Proを入れっぱなしだとちゃんと動かせない(笑)
  • contentプロパティに対応したので、内容生成が使えている
  • IE7用のCSSハックが有効のまま
  • 画像や背景へのフィルターが使えなくなっている
  • リストマーカーのデザインが中途半端に変わっているので変
  • OLのカウントがおかしいー
  • 背景画像の扱いやmarginの足し引きもおかしいー

  • ボタンでIE7互換モードに切り替えられるけど、ブラウザの再起動がいる?
  • コンテキストメニューの項目がリッチになっている
  • このブログのメニューが未だにfixed配置にならん

いくつかはすぐ直るだろう。表示が明らかにおかしい部分がほったらかしだが、まあ明らかにおかしいのにAcid2は通るんだから、これもAcid2はその程度だということの重ねての証左である。そういうOpera臭い実装はやめてほしいのだが…。

標準準拠方針転換

当初標準準拠モードは非デフォルトモードにして専用のmetaタグで判別させるとしていた所を、一転して標準準拠モードをデフォルトにしますと大胆な方針転換までしたのだから、まだまだシェアNo.1のブラウザとしてそれに相応しい物を完成させてほしいと期待している。
それにつけても、いつまでも文句垂れてIE6にしがみつく日本人は爆発しろ!(笑)

関連

HTML解釈以外の変更点についてはこの記事を参照。

動的なページを作ってる人向け情報増殖中。

現行・開発中ブラウザのAcid3結果まとめ