読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

web上の段落スタイル

空行を入れるのは、PCのモニターでは行間が詰まっているのを読みやすくするためだが、これで段落が改まったことはわかるので、行頭に空白を入れるのは無意味である。しかもフォントの大きさがそろっていないと、何かレイアウトがずれたような印象を受ける。この「日の丸標準」はやめてはどうか。

CSSによって「text-indent」で行頭を開け(1emでよろしい)、全体を「text-justify」で東アジア向けの等幅調整(inter-ideograph(IEの実装名を借りた指定だけど、多分CSS3もこれになるだろう))を指定すればよろしい。
ていうか無意味な<br>で空行入れんじゃねぇよ(モヒカーン)。marginやline-heightを使いやがれ(モヒカーン)。
という訳で、全部CSSで可能。だって、うちはちゃんとInternet ExplorerFirefoxなら右が凸凹してないだろ。

余談

何度も言うが、"文章"の成形についてはInternet Explorerが最も先んじてたし、今はFirefoxがこれに追いついた。後のブラウザはまだまだ。
等幅については、もう少し詰めてほしい部分はあるけどね。特に、スペースを置いていない英数文字と日本語についても自動で開ける様にならないのかな?今、ちょっと反応がおかしいよね。分かち書きっぽくスペースを入れておくと、逆に英文と思われてしまうのか不自然に詰まってしまったりするし。
あと、日本人的にはURLや長い英単語なんか折り返しても構わんと思うしなぁ…。ハイフン入れて折り返すところまで自動でやってくれたら、幸せだろうな。

余談

英文では頭を必ず大文字にして、場合によっては段落の最初のアルファベットだけ別のスタイルを指定する奇習についても、もちろんCSSで可能。
って、こんなの今更持ち出す様なTipsでもないと思っていたが…。

余談

だからさ、何でOperaはこんなギュウギュウなのよ。