読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

円形液晶ディスプレイ

AV

発想としては前からあったが、ついに商品化する所が出てきたか。余計な部分を覆った物ではなくて最初から円形となると、デザイン面の制約も減って応用が効きそう。
記事に掲載されている写真は剥き身の物が使われているので、いろんなことを推測できる。
シリコンで周囲を覆われた制御IC部分だけはオーソドックスな物。配線は表示面下のレイヤーに作りこんでるんだろうけど、端の画素って四角いまま?ピッチが狭ければ四角くても丸くても違和感ないか。上のポッチは液晶注入用の穴の逃げか。
でも1ライン辺りの画素数が違うから、制御がプログラム的だけでなく電気特性的にもめんどくさそうだなー。マザーガラスからの切り出しもどうしてるんだろう。製造コストを考えると、四角く分断してから削って作ってるとは到底思えないんだが。かといって、普通に考えると貼り合わせ後の厚みも妙な柔軟性もあるガラスをクッキーの型抜きの様に成形するのは無理だ。
タネが明かされれば案外何てことないのかもしれないけど、地味に興味をそそられる。