読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

東京都千代田区外神田末広町交差点事件とは何だったのか

無粋 社会

ちょうど今いろんな意味で注目を集めている街と人達が関わりになった事件、結局「単発の変な事件でした」で終わるのだろうな。残酷な言い方ではあるが、これだけ2000年代に入ってから社会の歪みや格差が声高に叫ばれる様になってから、たった7人しか死ななかったのだ。今回は25歳というロストジェネレーションと呼ぶには外れている若い人であったが、歪みを受けている本当の層はもっと上で、ゆっくりと非常に巧みに手遅れにされたために、今後アクティブサイレントテロリズムを頻発させるほどの気力もない。
厳しい言い方をすれば、このテロリズムに屈さないことを選択するならば、動揺して愚策を巡らす方が誤りであるし(歩行者天国廃止は関係ないよ)、逆やあさっての動きのダシにされては余計な社会不安を生んでしまう(歩行者天国廃止とかね)。現役層の就職状況はそれほど悪い訳ではない(教育はまた別問題)。
報道も、加藤容疑者の内なる問題で発生した特異例として風呂敷を畳む方向になりつつある様に見える為、あとは脊椎反射で生まれた対応策を引っ込めさせれば処理完了ではないだろうか。うるさいヲタは、ZAKZAK痛いニュースが勝手におちょくって惹きつけておいてくれるから、大局的にはたいした問題ではない。
ここで社会構造にまでメスが入らない事は、それだけ普通に働いている人の方が数が多くて力も強いってことだし、そもそも今、新卒の雇用状況はたいして悪くないので、やはりロストジェネレーションや問題を抱える人達は手遅れになるまでそっと放置して沈めてしまうのが良いという事は、マクロ視点と生物の生存本能から理解できる。
強いていれば、むしろ締め付けが行われる可能性はある。いろいろと対策案が出る中で、多くの平民が文句無く受け入れられるのは、下層民の締め付けであることは過去も未来も変わらない(なお、医療費問題で揺れている老人は下層民ではない。本当の下層とは同情を獲得できない民のことだ。下の層ではなく下に見られているから下層なのである)。社会不安を生まない為には、不安になっている層は固定されていて、かつ少数で多くが納得する人だけであればいいのだ。生贄というか何というか。

場当たり的だが有効だったぽい対策

増田でクネクネしていればよかったのかもしれない。飽和にはまだ遠く、席は空いてるから。それも長くは続かなかったろうけど。

なんだろうこれ

私がDISっているのは元文章ではない。反応の方である。元文章はそんなにアレな話ではない。一個人の正直な感想で必死で誤読する必要のない文章である。
とは言え、サイレントマジョリティが多いのか、それとも単にネタだかいつもやってることだかで掌を返した文章を書いているだけなのかは、全く区別がつかないのだが…。
でも、法律さえ犯さなければ自分の目にも見えない物だし別にいいよ的な反応って、先々困ることになると思う。どうしたらいいのかうまくまとまらない。

追記(2008/6/19)

若干遠い話ではあるのだが(そもそも上の段自体が、一般的な派遣工員と日雇い労働者の話である点で、ちょっと本筋から離れているけど)、しばらく以下のキーワードはヲチる必要がありそう。