読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

ま た 炒 飯 か

やきめしだっつてんだろ!

それはもういいだろ(笑)。

うむ。長いが…。
もう一度唱えておきたい逆説。

  1. うちは電気代がお得なオール電化。キッチンももちろんIH! >_<
  2. テフロンフライパンは焦げ付かなくて掃除もラクチン! >_<
  3. うちはいつも油を使わない(or 控え目)ヘルシークッキング! >_<
  4. ガス代が気になるし熱いし怖いから中火以上にできません! >_<
  5. 面倒だから冷ごはん2合一気にお鍋に投入! >_<
  6. フライ返しでお鍋に押し付けたら早く火が通るかも!ジューって音がするし! >_<
  7. ネギがないから青味の為にピーマン入れてみた! >_<
  8. ちゃんとTV番組(or 本)に書いてある通りに作ったのに! >_<
  9. ガタガタうるさいわね、文句言わずに食べなさいよ、そういうのパワハラよ! >_<
  10. こうですかわかりません! >_<

わかったか、わかったら厨房に戻れ。わからないなら寝てなさい。

こないだ海老チャーハン作った

具はネギとニンニクと海老だけ。味付けは塩と胡椒と醤油と旨味調味料。冷凍の小海老を塩水で湯がいてサイコロ状に刻み、メンドクサイので後の処理はせずにゲシゲシ炒めただけだが。
卵?なくても出来る。早ければ出来る。id:finalvent氏もそう言っていたが、まずネギが入らないと中華にならない。ネギが入れば中華になってしまう。

こないだ回鍋肉作った

少し前に手抜きして作ったら変な物体(単なる味噌炒め)になってしまったが、真面目に豚バラブロックを煮る所から作ったら、結構うまくいくものである。水に豚肉とスライスニンニク・ショウガと塩を入れて、弱火で30分ほっとけば十分。
味付けは八丁味噌と豆瓣醬と塩・胡椒・醤油・砂糖・旨味調味料・味醂・日本酒。量なんぞ味見しながら考えればよい(1人当たり八丁味噌大さじ1ぐらいが最初の目安)。料理を何でもかんでも酒の力に頼りたがる私が作ると、やたら味醂と日本酒が増えるが。特に甘味の大半は味醂で出そうとする。
米味噌は個人的にはタブー。甜麺醤があればいいけど…豆板醤ほど応用が効かないので、常備してない。やはり豆味噌ベースでイカサマして再現するのが一番いい。本場の甜麺醤は豆ベースじゃないけど、豆味噌も入れて作る物だから、そう遠い物にはならない。どうせキャベツ炒めの時点で日本風なんだから、細かい事は気にしない。
ネギ+ニンニク+ショウガを油で温めてから、キャベツ(手でちぎって芯は包丁の背でボロボロに叩いておけ)を炒める。炒めるというか気分的にはキャベツに油を絡めるだけだ。それぐらいじゃないと水分出てベタベタになる。出来たら皿に出しておく。これは回鍋肉の名前の所以でもあるお作法だが、決しておまじないではない重要工程。理屈はいいからやれったらやれ。
次にゴマ油をしいて、カットしたゆで豚にコゲ目を入れ、あわせた調味料をドバっと入れたら、大急ぎで鍋を振って肉に回し、キャベツを入れて1分以内ですべてをまとめる。
やはり水っぽさを防ぐには、いかに油を早く回してとっとこ炒め終わらせるか。だから、炒めるじゃなくて油を絡めるだけだって。
豚肉を煮た残り汁は、ちょっと味付けすれば本格的な中華スープに早替わり。あえて旨味調味料を使わずに、やっぱり酒を入れるのが俺好み。この豚臭さを嗅ぐと、いかにも現地に赴いた様な気分になる。味覇じゃ、この雰囲気は出せないよな。

あとだな

パラパラ教に傾倒し過ぎるな。何かを見失うぞ。