読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

光磁気ディスクの耐久性は異常

だって、CD-RやDVD-Rは書き込みにパケットライトソフトとか最近のOSなら対応したとかあるけど大抵特別なソフトと手順を必要とするし、オフィス用のPCや格安PCではROM系のドライブしか搭載されてなかったり、劣化や相性で読めないことがあったりで、使い勝手が悪すぎた。何であんな設計だったのか、未だによくわからない。
フロッピーなら、挿せば認識の手間もなくすぐに読めて、磁気には弱いけどカートリッジに入っているからポイポイ投げてもよくてかなりタフだし(裸メディアだと心理的に心配)。
MOと同じ流れを汲んでいる様な気がするDVD-RAMだけは例外だけど、なぜか日本では世間の認識からするとビデオ録画用になってしまって、何か変だったな。
そりゃ一足飛びにUSBメモリになるってもんだ…。フロッピー感覚で使うには「初期投資が高い」とまだ思われているせいか、使おうとしない人も結構いるけど、いずれ雪崩に巻き込まれる様に普及しきってしまうだろう。
ネットワークストレージは、機械オンチにはCD-Rよりも導入障壁が高いので、まだGeekの物だろうな。
でも2DDを必要とする現役の業務用装置とか見てるし、自分が5インチ搭載機種をまだ持ってたりするから、まだしばらくは自分の前から消えないだろうな。