読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

日本語は懐古厨のものにすればいい

Language 社会

日本語は滅ぼすべきか

全く同意見と言う訳ではないが、一地方言語として沈んでしまっても仕方ないし、やや近視的かもしれないけど英語の方が何かと有利だよ。最大の理由は、はっきり言えば長い物には巻かれろということだ。言語は一にも二にも意思疎通できてナンボ


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/17(火) 18:32:59.52 id:oM16UWEO0
英語がうまい
117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/02/17(火) 18:38:48.81 id:kJFVjFu+0
それにしてもアメリカ人の教養の高さは異常だよな。ガキも乞食も英語を話してる。
だからやつらは金持ちなのか?みんな外車に乗ってる。

そういうことだし。いや、半分冗談半分本気で。

ダンコーガイ氏の反論とか

ダンコーガイ氏の反論もある程度は再反論できる。

日本語滅ぼして一番困るのは、日本語しか話せない君たちなんじゃないの?

そうだろうけど、英語教育を受けた世代は困らないだろう。日本語に縛り付けるのは、上の世代が日本語しか話せないからって、その既得権益にしがみつく為の様なものだ。
インド人やフィリピン人が英語話せるのに大半は貧しいというのは、トートロジーの様だが国が貧しいからである。「世界的にそういう政策にはなってないじゃないか!」という反論も、この国力差を無視していると思う。
私の主張は、英語ができないから貧しいのではなく、豊かなのに英語ができないままでいるのはもったいない、ということだ。
豊かなればこそ、今のうちに内側を強化しておけば、どこでも戦える様になる。

英語の習得は困難か

そこが論点ではなく、英語の方が日本語よりチョー難しいのでなければ、日本語でも英語でもいいことになる。英語より日本語の方が習得に合理性がないなら、無駄なことをしていることになる。

SVOとSOV

元ネタエントリーにあったSOV型英文の許容だけど、短縮形を使わない普通の動詞が尻に来る英文が通じるといいなぁとは思わなくもなが、中途半端にでも英語知ってると不可能だとは思う。所詮ビジン語的なものになりそうだから、やっぱり最初から教育されていればいらない物だろう。

英語は簡潔

とは思えんな、文章にする時は。日本人だからそう思うってのもあるだろうが、文字種が少ないせいでむかつくほどめんどくさいよ。これは表意文字が強いに決まってて、その中でも表記が何でもありな日本語が強いしおもしろいに決まっている。でも好きな様に誤読できるのも日本語だから、意思疎通に揺らぎがない方がいいとすれば、事務的な意味で英語有利とも言える。

英語の発音

しゃべる時は簡潔かつクラッシャーでもおおむね大丈夫。楽な方だよ。[ð]と[θ]を全言語的にマイナーな発音ということで滅ぼしたらほぼ解決しそう。日本人は[ɸ]だけはどうしようもないので、[f]と[v]をがんばればいい。[r]と[l]は日本人以外でもよくわかんない人いるから。

文字と発音の食い違い

これは個人的にも許せないので、「おおむね文字通りで発音がかっちょいいドイツ語を共通語にしろよ」と心の中では思っていないこともないのだが、結局教育されてりゃできるだろう。日本語もちゃんと覚えてりゃ「わたしわコンビニえいった」なんてことにはそうそうならんのだから。

方言が増えてる

ものすごい勢いで英語が広まるにつれて方言もものすごい量になっているので、あまりにもアメリカのネイティブ発音だと、かえって通じないということもある。これは私の能力ベースの話だが、アメリカのテレビは何言ってるのかさっぱり分からないが、中国人ぐらいの英語だとそれよりは何とかかんとか分かる、みたいな物。インドローカルのクラッシャーな英語とかが訳わからんってのもあるが…。
でも、その差はせっかく学習した語彙が無駄になるほどではない。大半は共通するんだから無駄な教養じゃないよ。

英語って簡単?

そーとも言えるし、そーでもないとも言えるという結論。

英語じゃなくてもいーじゃん?

逆だな。むしろ、今後アメリカの地位が下がっても、このまま英語の地位を維持させる様に日本から努力してしまう、ぐらいの気概が欲しい。何しろ北京語ですら、世界的に見てさほど習得する必要はないんだから、今のうちに英語で押し切ってしまった方がいい。
ましてこの地位に日本語が今から入ろうなんて、向こう1000年はありえないだろう。そんなものユーラシア大陸の東側を日本語で埋め尽くすぐらいしてから言え、と。
ヲタクの共通語化という話もあるが、医者のドイツ語の方が世界が広い訳で、趣味は趣味の話として分けた方がいい。
エスペラント語がただのギャグに過ぎないのは新しく作ったからであって、今あるものを再利用するのはスジの悪い話ではない。

翻訳コンニャクが発明されれば?

一方ロシア人は以下略。
パッケージソフトで、だんだんと日本語サポートが微妙になりつつあるのは何故かな?訳を別モジュール化できるソフトの多言語化は盛んなんだけど、いつまで持つかは…。

内需への影響

確かに伝統的言語を捨てることは、内需について何らポジティブな影響をもたらさないんだけど、人口減と中期的なスパンでまだ進む高齢化の方がよほど内需を減らすので、保険の一つになると思う。

英語教育が必要なさそうな未来?

まあ、日本がこれから他の国並に貧しくなり、義務教育のレベルを下げざるを得なくなり、通信インフラは維持しきれずに全て内向きになって、国家体制が一回流血惨事ありで転覆してしまえば、英語教育の必要はなくなるだろうけどね。そうしたら、江戸や明治・大正の頃の様に外国語の教養があるインテリ層が、諸外国の知識をせっせと日本語に翻訳して大衆に広める時代に戻るだろう。そして多分時代は(おそらく昭和までそっくりそのまま)繰り返すのだ。
そう考えると、大衆の教育レベルを上げるには、結局誰かが噛み砕かないといけないのかもね。

  • 情報は共有されるべきじゃなかった
  • インターネットを開放するのは誤りだった
  • どこかで鎖国的な政策がないと、大半がバカである人間を統率するのは難しい

と。中国からの技術供与でグレートファイアーウォールを導入してしまえばいい。インターネットを活用する = 英語がつきまとうんだから、まずこれを何とかしなきゃいけないよ。

英語圏の人に逆に食い荒らされそう

まーねー、言葉が通じると母話者の犯罪者もどんどん輸入しそうだしねー。鎖国ですか、鎖国しますか!確かに、鎖国的政策は逆方向の安定化ベクトルとしてあり。
動かざること山のごとしで、シャットアウト以外の政策は何も打たずにのらりくらりしていれば、もしかするといつのまにか景気が良くなってみんなハッピーになっているかもしれない。
ただ、アメリカがちょっとそんな感じの政策やるからって、中国とEUがそれを日本に認めるかって…無理でしょ。ロシアと単独で仲悪くなったらできるかもしれ(おっと危険。

ちなみに

自分は結構古風(明治維新後という意味で)で音便や助詞や活用の使い方に特徴のあるズブズブな関西訛り日本語使いだし、それに保守的な誇りと拘りの様なものを持ってるし、一時国語研究の真似事みたいなこともしてたし、漢字マニアの端くれだし、その片鱗をスラドやらtwitterやら当ブログのLanguageカテゴリで吐いてるけど、
そんなもの実生活では何の意味もありませんから
正しい日本語なんて趣味と学術研究におしとどめていいよ、やっぱり。何が英語教育の前に日本語教育なんだか。そこに懐古的な意味以外の、特に合理的な理由が全く見出せない。他人の話に困ったら「日本語でおk」と言えばいいと思ってるんじゃないだろうな、この手に対して保守系の人間は。
このブログの段落整形パターンを見たり語順が日本語的に右往左往してるだけで、真に日本語を解する人なら私が中道右派の日本語使いだってのは分かるだろう?読点の打ち方が乱雑なのは、勢いだけで書いててまるで推敲してないからだけど(笑)。