読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

落ち着いて死ぬための読み解き方2点

無粋

さて、

今の大学院や学位などには命と引き替えにするほどの社会的価値はありません。

これを本気で言っているのだと思う人は、修士・博士の脳力をナメすぎです。
一方、これを本気で言っている修士・博士が居て、その人がもしもそこそこ以上の社会的地位や仕事に就けているのであれば、あなたはその事実を受け止めて学位に社会的価値を見出すべきです。
この2種類に当てはまらない修士博士持ちは、普通の人(通常の大卒程度の意味)の中にいる不出来な人間と全く同じぐらいの割合でしか含まれていません。
一母体内における相対比較の比率が特別ということは、あまりないのです。

死ぬことだけは考え直してください

死んだら、周りが大変迷惑しますからね。ただ、あまり話題にされない類の自殺(文字通りに死なない場合を含む)パターンなので、復讐には向きません。今後もあまり話題にはされませんので、無駄な行為です。
つまり、あくまでも、自分のためだけに死にましょう。センセーショナルな効果のためには、屍を拾ってくれる友人や仲間、そして宣伝媒体が必要なので、揃っていないならいかに自分を大事にできるかが重要です。