読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

Office 2007に感心した

Office 2007に触れた

最近ようやくOffice 2007に触れてみたが、こりゃ単純な業務効率だけ考えれば、こっちに切り替えない理由は無いなと思った。これでは、2003以前には戻りたくないとかいうレベルでは済まない。Vista以降のWindowsが、リボンインターフェイスとかミニツールバーを装備していないことに違和感を覚えるほど、2007の改良は優れている。

リボンインターフェイス

リボンインターフェイスは、コマンドを呼ぶ時にキーボードショートカットとマウスからアイコン選択が半々ぐらいの使いこなしをしていると、一番しっくりくる様に思える。
分類の仕方も、階層的と感覚的の半々ぐらいを取っていて、表に出しているアイコンの選択も合理性が高い。よく使う物から表に出しますという今までの理論を私はとことん否定していたが、この方向転換には賛同する。確かにお仕着せであるのだが、隠されているコマンドは本当に頻度が少ないものだけになっているし、その呼び出しにも左クリック1回しか要求しない。「ファイルを閉じる」「名前を付けて保存する」ボタンがOfficeボタンに入ってしまったので遠くなった事は残念だが、それらだけはクイックアクセスツールバーに追加しておけばいい。個人的好みでは、プリンタを呼び出しから印刷するボタンもつけておく。アイコン5〜6個までなら、見た目にも汚れないだろう。
リボンの縦幅が、視線移動に対して細すぎず太すぎずであるところも、じわじわとコマンド選択時の閲覧性に響いている。この幅なら、狭いディスプレイの時に縦幅を稼ぐために一時的に隠す様にしていても(タブをダブルクリック)、開いた時に自然に視界に入りやすい。
PC操作に対する考え方の基礎の違いも多分にあるだろうが、慣れてしまえばどころか、見た瞬間に使いやすいと感じたインターフェイスはなかなか無いよ。後だしで言う訳じゃないんだが、横から縦に長々と伸びるWindows95から続く標準的なメニューって、あまり選択しやすいものではないからね。
現在施している書式などの、オレンジ色で表示される様になったのもよろしい。

ミニツールバー

オブジェクトを選択した時にマウスカーソル周辺に浮き出てくるメニューだが、マウス近辺にメニューを持って来たいのは私の望む所であるので、これも歓迎。カーソルにメニューを近づけ、かつ邪魔にならないように、左に配置してたりしたからね。
ただ、テキスト以外の項目に対しての現れ方が不安定な所は気になる。右から左や、下から上に選択した時に、どこに出るのかわからないことがある。逆に、何気ないところをクリックして選択になった時に右上にマウスカーソルを動かすと意図しなくても現れてしまうので、癖によってはわずらわしいかもしれない。
マウス酷使ユーザーとしては、このメニュー内容を複雑怪奇にカスタマイズできる様になれば、とも思う。

スマートタグ

貼り付けやオートフィルで出てくる小さいアイコンのことだが、これでExcelのオートフィルで、今まで知っている人しか使えなかった使い方(ctrl押しながらコピーとか)誰でもできる様になったし、書式を除いて値だけのコピーも可能になった。日付データなら、日ではなく月や年の値を順番に変えられる様にも。
オートフィルの時は[esc]で消えないのはなんでだろ?

ステータスバー

ひそかな変更かもしれないが、ここに表示するアイテムを選択できるようになっている。Excelでは。オートカルクを複数表示できるようにもなっている。

キーボードショートカット

普段はコマンドが表示されなくなっている。この辺りはVista以降のUIと似ているが、やはり同様に[alt]を押せば見えるので、これを基本操作として体に覚えさせておけばよかろう。

ダブルクリックアクション

昔に比べると、特にWordの場合にいろんな所をダブルクリックして行えるアクションが増えた気がする。多すぎて戸惑うぐらいかもしれない。

左・右ペイン

これがあるので、クリップボードビュワーとかテンプレとかクリップアートを選択しやすい。

ダウンロード素材、テンプレート

ダウンロードコンテンツが増えたことが大きい。ショボいものだったクリップアートも、マイクロソフトが提供するフリー素材が増えて、検索で絞って意味があるほどの量になってきている。多分これからも増えるのだろう。テンプレートも増えていて、適当な文書がすぐにゴリゴリできあがる。

SmartArt

おそらく、Office 2007使いこなしの上で、最大のポイント。以前はグラフやスライドショーの切り替わりでデフォルトしか使えない人との差をつけていたが、もっとスタイリッシュなプレゼンやデータ提示が可能になった。当然デフォルトしか使えない人も使ってくるだろうが、色彩設定が必須に近いので(デフォルトではひどい色合いになる)劇的に見た目が違ってくる。
ついでにここに盛り込んでしまうが、デフォルトで用意されている色が今までのカオスな色合いではなく色調を揃えやすくなったし、データXML化の恩恵でテーマ機能もついた(つまりCSS切り替えである)。画像や図へのフィルターや額縁もモダン化。これらの変更時には、低スペックなPCでは重いのだがリアルタイムプレビューもできる。いかにもいまどきのアプリケーションになった。
Excelのテーマ機能はちょっとややこしいので、今までテーブルやピボットでの集計を使った事がなければ、引き続き使うことがない機能と化すかもしれない。いじっているうちに、2行ごとに背景色を変えて罫線を使わない非日本的な表を作ろうとした時、一時的にテーブルからテーマを設定して解除すると、その書式が残りっぱなしになるので、そういう配色が簡単にできるという、妙な使い方を思いついた。でも、日本的な罫線だらけの表が嫌いという日本人としては奇特な感覚を持っていれば、これは結構使えると思う。手動はもちろん、条件付書式でやるのも面倒だし。

箇条書き + インデント

変だった挙動が改善されたかも?

関数が増えた

AVERAFEIFSとかSUMIFSとか。

マクロとか

まだ未研究。え、ズルくないよ(笑)。

PDF出力できるよ

これが一番大きかったりして(笑)。

総括

これは、久々に使ってて楽しいし覚えて使い込みたくなるソフトだなあ。キツいとは思うんだが、OOoGIMP化しないようにしないと危ないぞ…。まあ、OOoはまず変に重いんだけど。