読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

WAVとMP3の聞き分けについてこれ以上エントリーを増産するのは時間の無駄

無粋 AV OTAKU

定例ホッテントリにはもうウンザリだ!

というあなたに…、いや、ウンザリしているのは自分か。

んなもん、DJなんて耳(略…いや、今回はそういう無粋な発言ではなく、比較的まじめに話そうと思っていたんだった。
結論から言えば、「そりゃそうだろ」ということになる。

そもそも320kbps MP3とWAVの聞き分けは困難を極める

最大の理由は、元々聞き分けるのが難しい事にある。ピュアオーディオを笑いたいがために元エントリーもブクマした人も、落ち着いて聞いてほしい。あくまでも320kbpsの話である。

  • 圧縮オーディオとWAVの聞き分けは、256kbpsを超えると格段に難しくなる

固定ビットレート換算256kbpsを超えるかそうでないかが、一つのラインになっていると言ってもいい。MP3は特にそうだが、圧縮オーディオは、この辺りのビットレートを境に、聴覚解析上マスクされて聞こえにくい高音域を圧縮のために大幅にカットし始めるので、音が変わりやすくなる。
と、いうのは表向きの理由なのだが、それが理由かどうかは別にして、MP3に関してはMP3特有の音の変化がこのラインで聞き取りやすくなる。それが真の理由。256kbpsではソースによってほとんど分からないというか、ほぼ分からないソースの方が巷には多いと言うべきだろう。320kbsでは通常は本当に分からない。

大音量では耳が鈍る

二つ目の理由はこれ。聴覚には様々な音量を後処理で自動的に調整して感覚を慣れさせる機能がついており、意識で感じる上の音量は、大きい物は小さく小さい物は大きくなる。この時、感覚上の印象もある程度変化があり、特に大きめの音は気持ちいいように気分がいいように聞こえてしまうため、冷静で細かい判断が難しい。
これはある種動物の本能的な心理特性っぽい所があり、頭で特性を理解していてもそうそう払拭はしづらい。その証拠に、プロの音楽制作現場でも、仕上げでは必ず自分が思っているよりも小さめの音でバランスを調整する様にするのがセオリーであるとされる(最終調整はいろんな音量で聞くが)。
いやいや、小さい音量で聞いたかもしれない?でもね…

大箱では細かい音の判別しづらい

三つ目の理由はこれ。大箱の音響は多少荒っぽくても大音量で鳴らすために作られているし、マルチスピーカーなので、いくら調整しているといっても音像は安定しない。その調整のために周波数特性が変わっていることも、比較を困難にする可能性も高い。
判別にいい環境は、やはり静かな所で密閉型ヘッドホンで聞く事である。もしくは、PAの経験が豊富ならマスタリングスタジオでメインのモニタースピーカー1セットだけを使う方法もいい(要するに仕事用のモニタリング環境を使うということ)。

デコーダーとA/Dと経路が…

今回はそれについては考慮しない事にしよう。論点が変わってしまう。

以上の理由から

「320kbps MP3とWAVの聞き分けを大箱で実験しましたが、わかりませんでした」
「そりゃそうだろ」
ということになり、いい加減こんな餌に釣られクマせず、まっとうな判断力が広まってほしい。無理だろうけど。

DJの音は〜の話について

箱で鳴らすのに、必ずしもハイビットレートである必要はない。それは、前述の通り出力環境がそのための能力は二の次になっているからだ。電車の中で安いイヤホンを使う環境で、ハイビットレートを使う意味がほとんど無いのと同じ延長線上にある。
それは、ある一面では正しい。持ち運ぶデータ量も減るし。
しかし、後で操作する時のためには可能な限りよい音質、つまりWAVか可逆圧縮で扱う事は良い事である。いわゆるピュア(笑)には当たらないオーディオ理論の基本として、何らかの回路や処理を通るごとに波形はソースからは変化するので(音作りを意図する場合を除いては)なるべくその回数を減らす、というのがある。音作りは元の音を削る作業が多いので(一見足している物もあるけど、実際にはそうではないよ)、元の情報量は多いに越した事はない。
これに忠実に従えば、ソースは綺麗な方がいいという話も、やはりある一面では正しいのだ。
バランスを取るとして、MP3使うぐらいなら、ogg vorbisやACCの方が向いてないかとも思うが、それはさておき、一番よいのは可逆圧縮ソースをシームレスに扱える制作環境が増えればよいのだろうけど、音楽系アプリケーションのプログラマーは、この他のアプリケーションにたずさわる数多くのプログラマーとは全くに違う思考回路をベースにして動く人間達ばかりなので(正直あまり語りたくない)、多分よほどのことがないと無理なんじゃないかとは思う。

この話は次回に引くよ

ついでに、ピュアオーディオ(笑)ブクマな人のために圧縮オーディオの聞き分け方を書こうとしたけど、長いので明日にでもしよう。
実は、聞き分けにはコツがあって、それを知っているかどうかで全然判別しやすさが違う。「ぼく耳がわるいのでわかりません」と豪語する人も、先入感さえ廃してしまえば多くの人がソースによっては225kbps可変ビットレートでも聞き分けられる様になると思うよ。