読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

私刑容認論ループ

無粋 社会

いや、社会のコンセンサスをどこで得られるかのバランスを、個人の違和感がない方向に調整したい論だってのはわかってんねんで。わかってんねんで。

こういう論をカイゼン的なwhy?を繰り返す理論展開で考えると、そもそも大学がその学業と関係のない事について何らかの処分を下すことは権力の濫用ではないのかとか退学の圧力を外部がかけること自体がそれに該当するという所に行き当たり、これは謝罪の安売りとは程度問題の差であり同じ構造である事に気付く。
普通そこまで考えなかったり、もしくは気付いても知らない振りをするのは、既にそれは必要なこととして社会のコンセンサスが得られているからである。
だから、元記事はそのバランスを、己の違和感がない方向に調整したい論だってのはわかってんねんで。わかってんねんで。