読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

鬼畜米英支那許すまじですよ、ええ

無粋 社会

NHKは毎日よりも何でもやる報道機関ので、一つのポジションを提示しただけなんだろうけど、今の世論に迎合した内容を狙ったところまで今日(こんにち)での放送の意図があったのかどうかは、よくわからないね。
日本の何らかが悪かったという広義の自虐史観を持っている人と、もちろんマスコミ嫌いの人には痛快なバラエティだったろうけど、教養としてはもっと突き詰める必要がある。
というのは、ある程度軍事についてもサラっとなめているからこそ思うのかもしれないが。
正直言って、軍がどうとかマスコミがどうとかって、もはやどうしようもない段階になってからしか動かない物であって、大きな流血を伴う戦争を回避できるかどうかにおいては、もっと手前の治世によって国家の方向性で決まるものだからね。
大正時代ぐらいにおいて、欧米や中国とどう付き合ってたらよかったのかって考える段階まで思考をめぐらせたら、こんなの己の溜飲を下げたいだけのダシにしかならないって気づく人もいるはず。


まあ気づいたら負けだけどね。


NHKは当時無かった事にね。