読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

「笑顔がごちそう ウチゴハン」に見る平成の味覚

Gourmet

日曜日の夕方に朝日系で放送している「笑顔がごちそうウチゴハン」を見ていると、結構な頻度で旧来の日本の料理センスでは理解しがたいメニューが出てくる。それが平成の家庭の味覚なんだよと言われれば、老兵は去るのみと言うしかないのかもしれない。
しかし、時々料理の基本的な部分やセンスを吹き飛ばした、特にマヨネーズを使ったフランス料理などのできそこない(欧州の家庭料理ではない、ちょっとお高いレストランで出てくるタイプの料理のできそこない)みたいな奴が出てきた時、「いくらなんでもそれは…」と暗澹な気分にならざるを得ない。
こういうのを、「TVでやってたから正しい」「料理のプロが考えたから正しい」って思って作ったりしちゃうんだぜ。
まあ、味の素提供の番組なので、ほんだしやマヨネーズの販促に使うのは仕方ないのだが、前番組の「いまどき!ごはん」ではそんなメニューはほとんどなかった辺り、決定的な差を感じる。