読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分、無粋ですから

それを言っちゃあおしめえよ。

仕様書通りの成果物

無粋 社会

一部は「仕様書にそう書いてあったから」って奴なんだろうな。日本でも見られる。といっても建築業は古くからの業界だから別で、新しい業界の話。


要するに、仕様書を書いた奴の責任だから、「誰がどうみてもおかしい」仕様書通りに作っても悪くないという考え方に基づく仕事の進め方である。原理主義的に考えれば実際悪くはないし書いた奴の責任だが、元々クソみたいな作業者をよりよく動かすために考えられたのが仕様書や作業指導書などのドキュメント類なのであって、それがいつのまにか作業者に知恵がついて仕様書がないと仕事しないという事を言い出す者が増え、ついには強弱関係の立場が逆転してしまった。この状態を経緯を知らず最初から理想として作業しているのがいくつかの新しい業界で、本当にこのサイトの建築物の様な物を平気でポンポン出してくる。


クソというかうっかりな仕様書を止めるのは、一体誰の仕事になるのだろう?


守られていない者が本当は誰なのか気づいているのか?